銀行のカードローンと消費者金融の金利について

カードローンを選ぶときに気になるのは、やはり金利ですね。銀行のカードローンの金利を見ているとどこもあまり差はありませんが、じぶん銀行や新生銀行のカードローンは高めです。ただ、じぶん銀行は年金受給者や専業主婦、自営業の人でも申し込めるようになっているのがいいですね。じぶん銀行は、金利が高い分審査は緩めのようです。なので、他行の審査にはちょっと自信のない方ならじぶん銀行がいいかもしれません。

新生銀行のカードローンレイクは、5万円まで180日無利息や30日間無利息のあるカードローンなので、短期で返済できるならとってもお得だと思います。ただし、その後も借りることを考えるなら、無利息期間はなくても金利が低いカードローンを選らんンだほうがいいかなとおもいます。

それから、銀行のカードローンの場合は、すでにその銀行に普通預金口座があるなら、その銀行のカードローンを選んだほうが審査に通りやすいのではと思います。また、銀行の住宅ローンを利用している方なら、その銀行でカードローンも申し込むとカードローンの金利が優遇されるということもあるようです。

さらに銀行カードローンは総量規制対象外なので専業主婦でも借りることができます。

それから、消費者金融の金利は、年率4.5~18.0%という感じで最高金利はだいたいどこも18%です。プロミスの場合は年率4.5~17.8%ですね。消費者金融は銀行に比べると金利が高いのですが、そのぶん、審査は緩いので、銀行の審査には自信がないという方なら消費者金融で借りるという選択肢もあります。

ただし、やはり金利が高いと利息負担が増えるので、業者のサイトの返済シミュレーション機能を使って、返済計画を立ててから、無理なく返済できる範囲で借りたほうがいいと思います。幾ら借りたいかではなくて、幾らなら返せるかということを基準に借りたほうがいいですね。

それから、事業資金を借りるために消費者金融のカードローンを利用する方もいますが、これはやめたほうがいいと思いますよ。消費者金融のカードローンを利用して資金繰りがさらに悪化してしまったという話はよく聞きます。また、消費者金融からの借り入れがあると、後で銀行から借りようと思った時に、審査に不利になるので気をつけてくださいね。

コメントは受け付けていません。