信用情報機関について

お金が必要になったときに便利なのがカードローン。カードローンは使い道自由で即日融資ができるのがメリットで幅広い年齢層の人が利用しています。

主婦のサラ金審査事情

ローンカードやクレジットカードを作ったことがある方なら、信用情報機関という組織について聞いたことがあると思います。信用情報機関には、クレジットカードやカードローンの申し込みをした人のいろいろな情報が登録されています。たとえば、住所、氏名、勤務先、電話番号などのほかにも、クレジットカードやカードローンの申し込みの記録、その内容、返済や支払いの状況などが登録されています。また、債務整理の記録や延滞の記録も登録されています。

信用情報機関は3つあり全国銀行個人信用情報センター、(株)シーアイシー(CIC)、株式会社日本信用情報機構(JICC)です。このうち、全国銀行個人信用情報センターは銀行が会員になっていてCICは主に信販会社が会員になっています。また、JICCは消費者金融が主に会員になっています。

消費者から借り入れやクレジットカードの、申し込みがあると、各金融機関は自分が会員になっている信用情報機関に問い合わせて、申し込み者の信用情報を確認します。

自分が申し込んだ金融機関がどの信用情報機関の会員になっているかは、その金融機関のホームページに載せられています。一つの金融機関がすべての信用情報機関の会員になっていることもあります。また、3つの信用情報機関は互いに情報を共有しています。ですから、以前に信販会社のクレジットカードに申し込んで審査に落ち、次に銀行のクレジットカードに申し込んだとしても、審査に落ちているという事実は銀行でも把握できるようになっています。

延滞や破産の記録は、信用情報機関に5年ほど残ります。また、官報に公告された破産・民事再生の記録は全国銀行個人信用情報センターに10年ほど残ります。この様な記録があると審査には通りませんので、その時期を過ぎてから申し込んだほうがいいです。自分の信用情報がどうなっているか心配な方は、信用情報機関に問い合わせれば文書で回答がありますよ。

コメントは受け付けていません。