‘総量規制’ カテゴリー

総量規制とは

総量規制は、いろいろな金融機関からお金を借り過ぎて多重債務になり、経済的に困窮する人が増えたため、この様な問題を解決するために設けられたルールです。

総量規制は、貸金業者は借り手の年収の3分の1までしか貸し付けができないというもので、その結果、すでに年収の3分の1の借入残高かがある人は借り入れができなくなりました。また、初めて申し込む場合でも、年収の3分の1を超えては借り入れることはできません。

ただし、総量規制には除外と例外があり、これらに該当する場合は年収の3分の1を超える場合でも借り入れができます。除外に当たるのは、不動産購入または不動産に改良のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む)、自動車購入時の自動車担保貸付け、高額療養費の貸付け、有価証券担保貸付け、不動産担保貸付け、売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け、手形(融通手形を除く)の割引、金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け、貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介です。

また、例外の中には、顧客に一方的有利となる借換え、緊急の医療費の貸付け、社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け、配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け、個人事業者に対する貸付け、預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付けがあります。

ですから、専業主婦の方も自分に収入がなくても配偶者に収入があれば、配偶者の年収の3分の1までの借り入れができます。ただし、契約には本人確認書類のほかに配偶者の同意書と婚姻関係を証明する書類が必要です。

また、消費者金融の「貸金業法に基づくおまとめローン」も年収の3分の1を超えた金額でも借りられます。事業者用ローンも同様です。

それから、銀行は総量規制の対象外なので、カードローンの申し込みの時に、限度額が少なければ収入証明書は必要ありませんが、消費者金融などの貸金業者から借りる場合は、貸付残高が50万円を超える場合、または他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える場合は、収入を明らかにする書類の提出が必要になります。

総量規制が実施されるようになってから、多重債務者の数は減って効果は出ているのですが、一方でどこからも借りられなくなった人が闇金からお金を借りてトラブルに巻き込まれるとくことも生じています。闇金は非常に危険です。お金のことで困ったら一人で悩まずに、消費生活センターなどに相談してください。