‘カードローン’ カテゴリー

クレジットカードとカードローンの違い

クレジットカードやカードローンを使う方はますます増えていますね。金融機関のカードのサービスもますます充実してきています。ところで、クレジットカードとカードローンは、どんな違いがあるのでしょうか?

まず、クレジットカードですが、クレジットカードはショッピング枠とキャッシング枠があって、国内外のお店でショッピングをするときの決済に使用することができますし、お金を借りることもできます。また、旅行傷害保険やショッピングの保険が付いているので、旅行先で病気になったり、買った品物を壊してしまった時などでも安心です。クレジットカードを使うことによってポイントを貯めることもできます。ゴールドカードなら飛行場のラウンジを無料で使えるなどの特典もありますね。ですからクレジットカードは、海外旅行をするときや、旅行や仕事で飛行機を利用することが多い場合は大変便利です。

クレジットカードで買い物をした場合の返済方法は、翌月に一括して払う一括払い、ボーナスの時期に一括して払うボーナス払い、支払回数・月々の支払金額を決めて支払う分割払い、月々の支払金額を一定額または「残高」に対する一定率に決めておき、その額を支払っていくリボルビング方式などがあります。

一方カードローンはお金を借りるためだけに使用できるカードです。銀行や消費者金融などで発行しています。クレジットカードのキャッシング枠でもお金を借りることができますが、限度額が低くなっているので、カードローンのほうが、大きな金額のお金を借りる時には便利です。返済は、毎月、一定の金額を返済していきますが、約定日以外にも返済ができますし、また、余裕のある月は多めに返済することもできます。最低金額だけ返済しているといつまでたっても元本が減らないので、余裕があれば多めに返済していくのがいいと思います。

クレジットカードは、買い物、キャッシング、旅行といろいろ使えますので、1枚持っているととても便利です。カードローンは、クレジットカードのキャッシング枠では足りない時に利用すればいいもので、その必要がなければ申し込む必要はありませんね。

家族に内緒でお金を借りるには

最近、家を任意売却しました。家を買ったはいいもの住宅ローンが返せなくなってしまい仕方なく任意売却をするしかありませんでした。。

家の査定に来てもらった時に、きれいに掃除をしたおかげで査定額をアップしてもらうことができました。

家を掃除すると査定額がアップするという記事をネットで見て実践しました!
詳細:掃除して任意売却成功

なんとか住宅ローンは返済できたのですが、相変わらず生活は苦しくついに金融機関からお金を借りてしまいました。

金融機関でお金を借りたいけれど家族にバレルのは困るという方もいると思います。申し込みはネットや電話でできますので家族にはわかりませんが、金融機関から郵便物が届くと家族に借金をしたことが分かってしまいます。それで、郵便物もカードも届かない、モビットのカードローンを利用するという方法があります。これはウェブ完結の申し込み方法で、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行に普通預金口座があれば利用できます。

申し込みをネットでして借り審査に通ったら本人確認書類を送付します。本審査に通ると指定の口座にお金が振り込まれ、後から郵便物等が送られてくることはありません。金利は年4.8%~18.0%で、限度額は500万円です。

また、自分に収入がない専業主婦の方で借り入れがしたいという方がいると思いますが、消費者金融で借りる場合は、本人確認書類と婚姻関係を証明する書類のほかに、配偶者の同意書が必要なので、ご主人に内緒で借りるということはできません。そこで、銀行のカードローンを利用すれば、本人確認書類だけで申し込みができます。専業主婦でも申し込めるのは、三菱東京UFJ銀行やじぶん銀行のカードローンです。三菱東京UFJ銀行のカードローンは金利が年4.6%~14.6%で、最高借入額500万円です。は専業主婦の場合は30万円となっています。また、じぶん銀行の金利は年3.9%~17.5%で、500万円まで借りられることになっています。専業主婦の場合は、限度額は低く設定されます。

それから、申し込みの後、内容確認等のため本人に電話がかかってくることがありますが、自宅の電話番号を連絡先にしていれば、自宅に電話がかかってきます。ただ、金融機関では自宅に電話をかける場合でも金融機関の名前は名乗らず、個人名でかけてきますので、家族が電話に出たとしても、借り入れに関する電話だとは分かりません。

こんなふうに家族に内緒でカードローンを利用するのは可能なんですね。ただし、個人的には、ローンを組んだり大きな買い物をするときには、配偶者に相談したほうがいいのではと思いますね。お金に関することはトラブルのもとになりやすいですから。

銀行のカードローンと消費者金融の金利について

カードローンを選ぶときに気になるのは、やはり金利ですね。銀行のカードローンの金利を見ているとどこもあまり差はありませんが、じぶん銀行や新生銀行のカードローンは高めです。ただ、じぶん銀行は年金受給者や専業主婦、自営業の人でも申し込めるようになっているのがいいですね。じぶん銀行は、金利が高い分審査は緩めのようです。なので、他行の審査にはちょっと自信のない方ならじぶん銀行がいいかもしれません。

新生銀行のカードローンレイクは、5万円まで180日無利息や30日間無利息のあるカードローンなので、短期で返済できるならとってもお得だと思います。ただし、その後も借りることを考えるなら、無利息期間はなくても金利が低いカードローンを選らんンだほうがいいかなとおもいます。

それから、銀行のカードローンの場合は、すでにその銀行に普通預金口座があるなら、その銀行のカードローンを選んだほうが審査に通りやすいのではと思います。また、銀行の住宅ローンを利用している方なら、その銀行でカードローンも申し込むとカードローンの金利が優遇されるということもあるようです。

さらに銀行カードローンは総量規制対象外なので専業主婦でも借りることができます。

それから、消費者金融の金利は、年率4.5~18.0%という感じで最高金利はだいたいどこも18%です。プロミスの場合は年率4.5~17.8%ですね。消費者金融は銀行に比べると金利が高いのですが、そのぶん、審査は緩いので、銀行の審査には自信がないという方なら消費者金融で借りるという選択肢もあります。

ただし、やはり金利が高いと利息負担が増えるので、業者のサイトの返済シミュレーション機能を使って、返済計画を立ててから、無理なく返済できる範囲で借りたほうがいいと思います。幾ら借りたいかではなくて、幾らなら返せるかということを基準に借りたほうがいいですね。

それから、事業資金を借りるために消費者金融のカードローンを利用する方もいますが、これはやめたほうがいいと思いますよ。消費者金融のカードローンを利用して資金繰りがさらに悪化してしまったという話はよく聞きます。また、消費者金融からの借り入れがあると、後で銀行から借りようと思った時に、審査に不利になるので気をつけてくださいね。

ローン返済への道~節約~

私は旦那に黙って貸付をしてしまいました。理由はずっと前から欲しかった靴を買ってしまったのが原因です。私は靴に目がなく、特にジミーチュウの靴が大好きなんです。

子供ができるまでは私も仕事をしていたので、自分の給料で買えたのですが今は旦那の給料だけで生活をやりとりしているのでかなり苦しいです。

でも靴は欲しいのでこっそり貸付をしてしまったという感じです。

専業主婦は収入がないので借りることはできないと思っていたのですが、銀行カードローンなら専業主婦でも借りれるという事実を知ってしまいました。参照元>>専業主婦でも内緒で借りれる方法

ローンの返済があるとそのことを考えずにはいられなくなりますが、考えてもローンが無くなるわけではないので、返済するために自分ができることをきちんとしていこうと思っています。

まずは、節約ですね。私は、昔から買い物でストレスを発散するという悪い癖があるので、買い物に行く回数を減らすようにしています。そのために食料品はまとめ買いをします。また、なるべく値引きになる時間帯に行くようにしています。

それから、買う予定がなかったものでも「これ必要かも」と思ってすぐに買ってしまうことも多かったのですが、今は予定外の物はすぐには買わないようにしています。買わないでも今不自由していないということは、必要なかったものということなので、「すぐに買わない」というのはいい方法だと思います。それから外食も好きなのですが、月に幾らまでと決めてそれを超えないようにしています。

また、返済のために節約をしますが、極端な節約は余計にストレスがたまって、自尊心も無くなるので、適度に生活を楽しみつつ節約をするようにしています。そのうえで、お金が少し余ったら返済に回すようにします。ほしいものもたくさんありますが、まずはなるべく早く返済をなくすことが目標なので今は、ちょっと我慢ですね。

カードローンの特徴

カードローンのメリットは、すぐに必要なお金を工面できるということですね。最近は即日融資も可能なので急ぎの時にはとても助かります。

カードローンには銀行のカードローンや消費者金融のカードローンがありますが、それぞれ、メリットやデメリットがあるので自分に合ったものを選んだらいいと思います。

まず、銀行のカードローンは金利が低いので返済負担を減らせる、銀行ということで信頼できる、総量規制の対象ではない、専業主婦が申し込めるカードローンもあり提出書類も簡単などのメリットがあります。デメリットとしては、即日融資ができるところが少ない、審査が厳しい、フリーローンと比べると金利が高いという点が挙げられます。

逆に消費者金融のカードローンは、即日融資が可能で、審査も緩いというメリットがあります。デメリットは、金利が高い、総量規制の対象なので年収の3分の1までの金額しか借りられない、専業主婦が契約するには配偶者の同意書や婚姻関係を証明する書類も必要になるなどが挙げられます。それから消費者金融には闇金もあるので十分注意してください。

ですから、初めて借り入れをする方や今までの借り入れ状況が良好な方で、新たに借り入れをする場合は、銀行のカードローンに申し込むのがいいと思います。もし、すでに借入件数が多くて借入残高も多めなら消費者金融のカードローンが審査には通りやすいと思います。消費者金融なら借入先がすでに5、6件あっても審査に通ることがあります。

いずれにしてもカードローンを利用するときには、本当に借りる必要のあるお金なのかよく考えてから申し込んでください。また、返済シミュレーションをして、自分の返済能力の範囲内で借りることも大切です。